読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2025年に向けた人生戦略

暇なコンサルタントが不確実な時代を生き抜く人生戦略についてお伝えします

怪しかった「みんなのクレジット」が行政処分。ソーシャルレンディングなら「クラウドクレジット」か「オーナーズブック」の2択でしょ。

目次

こんにちは。

 

本日は、先日行政処分を受けた「みんなのクレジット」の処分内容の深掘りと信頼のおけるソーシャルレンディングサービスのご紹介を行いたいと思います。

みんなのクレジットが行政処分を受ける

ソーシャルレンディング事業を運営するみんなのクレジットが行政処分(administrative penalty)を受けたようです。以下、みんなのクレジットが受けた行政処分の具体的な内容です。

  1. 本件行政処分の内容について、顧客に対し速やかに適切な説明を行うこと。
  2. 今般の法令違反及び投資家保護上問題のある業務運営について、発生原因を究明するとともに、直ちに是正すること。
  3. 顧客が出資した財産の運用・管理状況を正確に把握し、顧客に対し、顧客が出資した財産の運用・管理の状況その他必要な事項の説明を速やかに行うこと。
  4. 顧客の意向確認を実施し、顧客の公平に配慮しつつ、意向に沿った対応を行うなど、投資家保護に万全の措置を速やかに講ずること。
  5. 責任の所在を明確化し、社内処分等を実施するとともに、金融商品取引業社として必要な内部管理体制を再構築すること。
  6. 貴社(編注:みんなのクレジット)、貴社の親会社及びその関係会社の財務状況を正確に把握し、貴社における今後の資金繰り計画を策定すること。 

参考:お知らせ詳細 | みんなのクレジット

正直、みんなのクレジットはそもそも怪しい匂いがちょっとしていたんですが、白石社長が集めた資金を自身の借入金の返済に充当していたというのはあまりの驚きでした。利回りは14.5%とかなり魅力的だったみんなのクレジットでしたが、何よりも大切なのは企業としての信頼性(reliability)ですね。みんなのクレジットはその部分に大きな問題がありました。

信頼性の高いソーシャルレンディングサービスはクラウドクレジットとオーナーズブック

そこで重要になってくるのが、信頼のおけるソーシャルレンディングサービスを選ぶこと。個人的にオススメなのは【クラウドクレジット】 OwnersBook です。

クラウドクレジット

まずは、【クラウドクレジット】 。個人的にもっともおすすめなソーシャルレンディングサーボスです。おすすめする理由は大きく分けて2つで、ひとつは利回りの高さ、もうひとつは信頼性の高さです。

優れたポイント:利回りの高さ

まず、利回りが高いという部分ですが、10%を超えるものも存在します。【クラウドクレジット】 は海外の新興国の信用市場をターゲットにしているので、このぐらいの利回りを出せているおではないかという見解です。

優れたポイント:経営の信頼性

また、【クラウドクレジット】 は社長の経歴もしっかりしていますし、株主に伊藤忠商事やマネックスベンチャーズが入っている点も信頼性を高めています。

公式サイト:ソーシャルレンディングならクラウドクレジット

オーナーズブック

優れたポイント:不動産特化型である

OwnersBook は東京の都心の不動産関連の案件を多数抱えています。東京都の人口は2025年まで増加するというデータがありますし、都心なら2030年まで人口の増加が続くとのデータもあります。東京の都心の不動産は2030年までは「買い」だと思います。

優れたポイント:経営陣が不動産のプロフェッショナル

加えて、OwnersBook の経営陣はゴールドマン・サックス・リアルティマネジメント出身の社長をはじめとして、不動産のプロフェッショナルのメンバーで構成されています。

公式サイト:不動産特化型クラウドファンディングサービス【OwnersBook】

<参考文献>